我が家の妊娠と子宮筋腫

女性に多い、子宮筋腫

子宮の病気というと、実に様々なものがあります。
しかし、場所がら、気づきにくいので、大変です。
その一つに、子宮筋腫があります
簡単に言うと、子宮の中にできる出来物です。
が、これが良性ならいいですが、悪性だと、「子宮がん」となるのです。

 

ですから、検査は大切です。
この子宮筋腫は中年女性だと、4人に1人は持っているというものですが、検査はまめに受けて、悪性だったら、早めに摘出などの措置を受けた方がいいのです。
又、良性であっても、大きくなりすぎると、他の内臓を圧迫し、悪影響を与える場合もありますので、切除する事もあります。
中には、手術が怖いからと、大きなグレープフルーツ程の筋腫をほおっておく人もいます。
が、これは大変な誤りです。
子宮内膜症の治療

 

 

それが、もしも破裂したら、命を失うかもしれないのです。
専門医と良く話し合って、決めるべきです。
又、良性だと思っていたものが実は悪性、癌だったとわかる人もいますので、心配なようだったら、複数の専門医に診てもらう事も大切です。
良性の筋腫も、医師の注意を聞き、大きくならないよう心がけましょう。
女性ホルモンが多いと、筋腫は大きくなりますので、女性ホルモンの分泌を増やす食品は減らすようにします。
普段の生活が影響しますので、注意をはらいたいものです。

間欠性跛行